FC2ブログ

札幌で夫婦問題、離婚問題のお悩み相談~女性専用 夫婦問題相談室札幌 ユーア・クリーミー

プロフィール

Author:ユーア・クリーミー
   
皆様こんにちは。
女性専用 夫婦問題相談室 札幌
「ユーア・クリーミー」カウンセラーの
山崎尚美です。
ここでは夫婦問題をはじめとして、日頃私が思っている事、感動した事、お知らせ等を含め、皆さまへのメッセージをお届けできたらと思っております。
どうぞお気軽にご覧下さい。

札幌での夫婦問題・離婚問題のお悩み相談は、
女性専用 夫婦問題相談室 札幌 ユーア・クリーミー http://www.yuuwa-creamy.com/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ・コラム (36)
お知らせ (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

~夫のモラハラに気づかない妻~ あなたは決して悪くない!

  1. 2018/06/01(金)

山崎尚美ブログ 人気記事

~離婚カウンセラーは何をする人?~ →click!

「別居」経験者が語る大事なポイントと、Q&A →click!

               

女性専用 夫婦問題相談室札幌 ユーア・クリーミーのWEBサイトはこちら→click!

札幌での夫婦の問題や離婚の悩み、離婚相談はお気軽に。相談お問い合わせは、お電話かお問い合わせフォームにて簡単受付→click!

このブログの著者・山崎尚美のプロフィールはこちら→click!

               


~ 夫のモラハラに気づかない妻 ~
あなたは決して悪くない!


─ 実話 ─ 「サキさんの場合」
※この実話はご本人の許可を頂き掲載しています。


妻のサキ(仮名)は車を運転していた。
パートの仕事が終わり、家に帰る途中だった。


984e18d0ed8df7d1e1302ccb7cf90583_s (500x334)


「おかしいなぁ…」
サキは先程から吐気が止まらないのを気にしていた。
家が近づくにつれ、吐気はどんどん強くなった。
「どうしよう…、運転ができない…。」
市役所の前を通りかかった時、ハザードランプを点けて止まった。
「もうダメだ…」
押し寄せる吐気の恐怖に夢中で救急車を呼んだ。
後ろの方からサイレンの音がだんだん近付いた。

────── ・・・

「どうしました?!」
救急隊の人がかけ寄って来た。
「吐気が止まらなくて…」
「車はここに停めて、救急車に乗ってください!警察には駐車の許可を取っておきますから」
言われるままに救急車に乗り込んだサキは、自分の身体に何が起きているのかわからなかった。


bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s (500x311)


結局サキは、慢性胃炎だと告げられ、ストレスも原因になることがあると言われて、その日は帰宅した。
サキには胃が痛むのはよくある事だった。

ストレス… そう言われればいつも夫の暴言に心が傷付いていた。



ある日、仕事から帰宅した夫を玄関で、
「お疲れ様、外は寒かったでしょ?」
と気づかいながら出迎えた。
夫の口からは信じられない言葉が飛び出した。

「外にいるオレが寒くないのに!どうして家にいるお前が寒いんだ︎
「 … 」
心の中を冷たい涙が伝わって落ちた。
いつもそう… 。
「そうだね」という返事は返ってこない。


9ab0b14c75bd2ff36a84de331441d2e3_s (500x375)


日曜日。
夕食の準備でサキは台所に立っていた。

サクッ、サクッ、…
「今日のカボチャはどうかなぁ、ホクホクならいいな。」
味見をしたサキはにっこりしてうなづいた。
皿に盛り、湯気が自信ありげに上がる。
新聞を読んでいた夫の前のテーブルに、
「今日のカボチャ、とてもおいしくできたの」
とうれしそうに置いて台所に戻ったその時だった。

「ギャー!アチッ︎
すさまじい叫び声にびっくりして慌ててサキが戻ると、

「お前が悪いんだ︎ こんな熱いもん置いて︎ うまいと言うな︎
夫はものすごい勢いでサキを怒鳴りつけた。

「まさか…」
夫が素手で掴んで食べる事など、サキは予想もしていなかったのだ。
まして箸もまだ置いてなかった。
自分が悪いのに人のせいにする夫、素手で料理を掴んで食べる夫、
「私は一生懸命に作っただけなのに…」
悲しみと理不尽さに頭の中が混乱していた。

結局サキは「熱いから気を付けてね」と言わなかった自分が悪いのだと、言い返す気力もなく自分に言い聞かせるしかなかった…。


59aa6ade608e233d1376a72396f7c2eb_s (500x360)


*-*-*


実はこのサキさんの夫はモラハラ夫だったのです。

“モラハラは身体的な暴力とはちがう、「言葉や態度」によって、相手の心を傷つける「精神的な暴力」です。”

その為、被害者であっても自覚が難しく、気付かないことが多いのです。

このサキさんの様に、繰り返されるうちに気持ちが萎縮して、怖くて嫌で何も反論出来ず、ストレスとして体調に吐気が表れたり、最終的には “罪悪感まで埋め込まれ、夫にどんどん支配されてしまう” のです。

“モラハラ夫の一番の目的は、常に自分が正しく、妻が間違っている「妻を支配し、自分の思い通りにする」という所にあります。”



ではここでモラハラ夫の特長をあげてみましょう。

【モラハラ夫の特長】

1 . プライドが高く常に自分が正しく一番だと思っている。
2 . 外では良い夫を演じているので、人からの評価を大変気にする。
3 . 家族は「自分のもの」だと思っている。
4 . 無視をして妻を追い込む
5 . じぶんの非を認めない
6 . 責任転嫁をする
7 . 自己愛が非常に強く自己中心的
8 . 人の話に共感しない
9 . 平気でウソをつく
10 . 相手をうらみ、仕返しをする
11 . コンプレックスを持ち気が小さく弱い人間
12 . 嫉妬深い
13 . 計算高いので暴力は振るわず、大声、音、動作などで威嚇する
14 . 妻が体調を崩しても全く気にかけない(妻の事は道具としか考えていない)
15 . 人の気持ちは少しも理解できない



こういう事が特長で、またそれが原因でモラハラ行為に及びます。


2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s (500x334)


私も長年この被害を受け続け、それはそれは大変な目にあいました。
結婚する前に見抜くのは難しく、結婚や出産で妻が逃げないとわかると豹変するからです。
束縛をして支配できるからです。
モラハラ夫は厄介で、とても “たち” が悪いのです。


もしいくつかでも当てはまったり、思い当たるふしがある時は “絶対にガマンしないで”、客観的な立場に立てるカウンセラーに相談して下さいね。
経験者として、強い味方として、あなた自身もモラハラを受けている事に気付き、それを回避出来るようにお手伝いを致します。

勇気を持ってご連絡ください。
お待ちしております。
 ↓
夫婦の問題や離婚の悩み、札幌での離婚相談はお気軽に。お問い合わせは、お電話かお問い合わせフォームにて簡単受付→click!


93329edacfb40189bc1b4068bb0467ac_s (500x331)


初めてのご相談は30分延長無料

お支払いは当日の現金払いでもOK

まずはお電話・メールでお気軽にお問い合わせください

お電話からご相談

電話でご相談

080-4042-1170
受付時間10:30~18:30(月~土)

  1. ブログ・コラム